ひとのふんどし

第2話 だったらヤッてもバレないんじゃ―― 無料 試し読み

無料試し読みは公式サイト

>>画像クリックで公式サイトへ<<

 

『隣のJKに脅されて入り浸られてます(泣』

第2話 だったらヤッてもバレないんじゃ

を読んだので感想を書いていきます。

 

興味がある人は見てくださいね。

 

あと、このエロ漫画は無料で試し読みができるので

気になる方は是非お試しください。

無料試し読みは公式サイト

>>画像クリックで公式サイトへ<<

第2話 だったらヤッてもバレないんじゃ―― ネタバレ

寝ている女子高生の口を指で開き、

自分の勃起したチンポをその中に突っ込んだ。

 

口の中の熱さ。

イケないことをしている背徳感。

いつ起きてしまうかというドキドキ感。

 

それらが混ざり合い、おじさんの頭は真っ白になっていた。

 

意識のない女子高生のフェラ。

あまりの気持ちよさに

おじさんはそれだけでイってしまった。

 

もちろん、口の中に出して

女子高生を汚していく。

 

日頃の恨みも合わさって

麻薬のような気持ちよさを感じている。

 

一度出したからといって、

おじさんの行為は止まらない。

 

次におじさんが責めるのは

スカートからチラチラ見えている下半身だ。

 

白くてスベスベの足を抱きかかえ

パンツが丸見えになる。

 

階段で見たときも興奮したが、

今の方が数倍興奮する。

 

続きは本編へ!

無料試し読みは公式サイト

>>画像クリックで公式サイトへ<<

第2話 だったらヤッてもバレないんじゃ―― 感想

おじさんやりましたね!

グッジョブです!

 

生意気な女子高生には

制裁を与えましょう!

 

最後はちゃんと中出ししちゃうところが震えましたねw

おじさんも震えてましたけど、見てるこっちも震えてたんですw

 

綺麗な生足がこの女子高生の魅力ですね。

その足を抱えて、パンツをガン見。

 

それだけでは止まれるはずもなく、

オマンコを観察してからの生挿入!

 

これが男って感じです!

 

初めは良心があったみたいですけど、

そんなものも腰を振っているうちにどっかにやっちゃいましたw

 

女子高生が寝ていることをいいことに

おじさんはやりたい放題です。

 

ディープキスはもちろんなのですが、

あれ、ディープすぎませんか?

 

キスというより、

もう口を食べてましたw

 

隣の家にお母さんが帰ってきたときも

おじさんはワザと女子高生に声をかけるんですよ。

 

初めは起きてないかビビってたくせに、

起きないとわかると強気になるもんですねw

 

それでも、もしかしたら起きてくるかもしれない

ドキドキ感に興奮が高まります。

 

そんな興奮の中、

おじさんの限界が近づき、

外に出すからとつぶやきながらの中出しw

 

言ってることとやってることが違いすぎるw

 

そんな勇者のおじさんは女子高生が起きてくる前に

仕事へと逃げましたよw

 

最高ですw

 

無料試し読みは公式サイト

>>画像クリックで公式サイトへ<<